「患者様に聞いてみました」カテゴリーアーカイブ

患者様にお願いしたアンケート結果です。

右足首の腫れ・痛み・古傷 80代男性

Q1. 来院前、どのような症状でお悩みでしたか?

右足首の腫れ・痛み

Q2. 施術を受けてどのような変化がありましたか? また、施術の印象などを教えて下さい。

10数年前、大山登山下りで痛めた足首のことで相談し、週1~2回の施術をしてもらった結果、腫れが引き、今までの痛さが取れました!

Q3. これから来院される方にひと言メッセージをお願いします。

古傷でも施術してもらったら治るという意識を持って、先生を信頼することだと思う。

~うっすー院長より~
急性期のケガは早めの適切な処置により、早く回復していきます。
一方、ずっと前からの古傷は、皆さん「こんなもんやろ」といった感じで、それ以上の回復をあきらめている方は多いと思います。
当然、年月が経つにつれて、様々な負担もかかり複雑になっている症状はあります。
当院の施術法の特徴としては、必ず身体全体の動きから、正しく動いていない所を探し出し、自然な動きが出来るように導いていきます。
毎回それを繰り返していきますので、徐々に身体全体の力みが取れていき、自然に身体全体で動けるようになります。
「絡まった糸が徐々にほぐれていく感じ」と表現された人もいました。
この方は足首の古傷でしたが、施術をする度に痛みに変化が表れ始め、山登りの際に慢性的に痛かった足首も痛くないようになって来ました。
幾つになっても、痛みで好きなことが出来ないのはとても悲しいことです。
もし痛みであきらめているのであれば、あきらめないで下さい。
痛みはサインです。サインは無視せずにしっかりと受け取ってください。
そして、一度ご相談下さい!

膝や脚の痛み 60代女性

Q1. 来院前、どのような症状でお悩みでしたか?

膝が痛い、脚が痛い・・・
本当に痛い所はどこなのかな???
そんな調子で来ました。

Q2. 施術を受けてどのような変化がありましたか? また、施術の印象などを教えて下さい。

「ここが痛い」けど、こうなったのは「これが良くない」という先生の話で納得しました。

Q3. これから来院される方にひと言メッセージをお願いします。

痛いところの治療だけでなく、その為の自身で出来る事のアドバイスがすごく大切で役に立っていると思います。

~うっすー院長より~
「気付いたら痛くなっていた」
「勝手に治ると思っていたけど徐々に治らなくなってきた」
「昔、傷めていた所が痛むようになった」
皆さんもよく経験されていると思います。
いろんな所が痛くなってきて、どこが本当に悪いところなのかわからない・・・。 ←今回のケースですが、これもよくあります。

原因が解ると解らないでは、精神的にも随分と違いがあります。
BCトータルバランスシステムでは、まず動作の分析から痛みの原因を探っていきます。原因が解ることにより、すること(施術)が決まってきます。原因が解消されることによって、早期に痛みがなくなったり、再発しにくい身体に変化します。

原因と結果は必ずしも同じではありません。
長引いている症状をお持ちの方は、結果のみに捉われず、先ずは本当の原因を探すことが大事になりますね。

腰の痛み 50代女性

Q1. 来院前、どのような症状でお悩みでしたか?

腰痛

Q2. 施術を受けてどのような変化がありましたか? また、施術の印象などを教えて下さい。

常に伸ばしてなかった所を調整して頂き、ここが伸びてなかったのかと気付きました。
日常での身体の動かし方など指導して頂き、心身ともに癒されております。

Q3. これから来院される方にひと言メッセージをお願いします。

どこかに痛みを感じると、そこをかばって違う所が痛くなり、動作が鈍り、気持ちもへこみ焦り・・・そんな時、うすだ先生の元へ。
淡々とした指導、少し動きを変える(難しいけど・・・)
納得のいく説明で、心身ともに落ち着きます。

~うっすー院長より~
「淡々とした指導」が少々気にはなりますが(笑)、嬉しいお言葉ありがとうございます!

「腰痛」・・・大人であれば誰でも一度は経験したことはあるのではないでしょうか。 程度は様々やと思いますが。。。
腰痛といえば、身体の後ろ側の痛みということになります。肩こりも後ろ側。身体の前側が痛くなるというのはあまり聞きません。
単純に考えて、上半身を前に傾けての作業が多い人は、お腹が潰れていて(縮んでいて)お腹側での支えが少ないとも言えます。結果、後ろ側の腰ばかりに力を入れて支えるしかないことになります。
お腹側の支えが少ない → 腹筋が弱い → 腹筋を鍛えよう!
となりがちですが、腹筋を単純に鍛えても簡単に腰痛は軽減されません。

では、まず何が大事になってくるか・・・。
小さい子供さんは、お腹周りがしっかりと膨らんでいるのはご存知だと思います。基本的に小さい子供さんに「腰痛」は存在しません。
今、大人であっても小さいころはそうだったはずです。
表層の筋肉の発達と共に、この膨らみが少なくなり大人の体型へと変わっていきます。
この膨らみ(中から外に向かって広がる力=内圧)が大人になった今でもしっかりと働いてくれていたら、腰痛は随分減るはず。

当院では、全体のバランスを整えていくことと、患者さん自身にも内圧を上げるエクササイズ(呼吸法)をして頂くことで、早期回復・根本改善・再発予防を目指しております!